axisuite機能紹介ーaxifoam

ディープベッドフィルターは、大半のハニーカム壁面流(表面)フィルターとは異なり、ろ過された粒子をフィルターの表面ではなくフィルター内に蓄積します。ディープベッドフィルターは、セラミックや金属のフォームや繊維から出ているものもあります。

axifoamは、以下の現象で構成された包括的なディープベッドフィルターモデルです。

  • ・フィルター本体の流れ分布
  • ・精密な粒子ろ過特性
  • ・過渡の熱伝達
  • ・触媒コートシステムにおける表面の触媒反応
  • ・表面反応に伴う質量伝達
  • ・O2とNO2によるすすの反応

反応スキームと速度式は、axicatおよびaxitrapで使用するものと同じで、DOC、LNT、SCRなど、あらゆる触媒用途に対応しています。 自動車の分野で使用される一般的な設計は、「軸方向」または「放射状」の流れです。 この設計のコンセプトは、axifoamでは2次元で処理できます。その場合、各質量、運動量、エネルギー、種のバランスが解決されます。


放射状の流れフォームシステムで、スタンドアロンバージョンのaxifoamを使用して計算された流れ、温度、すす、CO濃度プロファイル。

axisuiteは、Exothermia S.A.社(本社:テッサロニキ・ギリシャ)の製品です。

当ホームページの画像は、Exothermia S.A.社殿よりご提供いただきました。