velodynについて

velodyn®は、Matlab/Simulink®/Stateflow®をベースとして、従来型とハイブリッド双方のパワートレインの最適化が行える、フレキシブルな車両シミュレーションプラットフォームです。包括的なモデルライブラリに含まれる基本エンジン、パワートレイン、電気自動車の構成部品だけでなく、新たに作成したり、構成を変えたり、他からインポートしてくることもできます。

velodyn®をシミュレーションプラットフォームとして他のシミュレーションツールで作成された自動車構成要素モデルとの協調シミュレーションも容易に実現できます。

Model Library

velodyn®のモデルライブラリは、エンジンやクラッチや、トランスミッションと車両モデルだけではなく、バッテリーやウルトラキャパシター電源装置、燃料電池、コンバーター/インバーター等の一般的な電気的コンポーネント等、非常に多くのモデルコンポーネントを備えています。また更に冷却システムの温度検証を行えるコンポーネントも備えています。

Model Management

velodyn®のモデルマネージメント機能はモデルに関するパラメータのハンドリング、バージョン情報、およびオンラインヘルプのみならず、DLLsやビットマップなどのモデルデータベースに必要なすべてのファイルに、追加ファイルの必要なく連携することが可能です。velodyn®は利便性を考慮したグラフィックユーザーインターフェースでモデル管理を容易にします。

velodynとaxisuiteの連携

後処理システムにフォーカスしたフルビークルシミュレーションを実現します。

  • ・エンジン/排気モデル
  • ・EAT(排気後処理)システムモデル
  • ・制御ソフトウェア(EAT&エンジン)

※ 後処理コンポーネントモデル全体の後処理システムへ組み込まれ、さらに制御システムとリンクします。

※ 後処理とエンジン+エミッショント制御、これらの組み合わせを車両ごとに組み上げることが可能です。

axisuiteは、Exothermia S.A.社(本社:テッサロニキ・ギリシャ)の製品です。
velodynは、IAV社で開発されたフルビークルシミュレーションツールを、Exothermia社が商用開発及び販売しています。

当ページの画像は、Exothermia S.A.社殿よりご提供いただきました。