CATIA 3Dエクスペリエンス

CATIA 3Dエクスペリエンスの機能紹介

デザイン&コラボレーション

BIエッセンシャル(必要情報の集約)

  • 製品を構成するユニット、部品を全てテーブル上に表示し製品全体を俯瞰できます
  • 完成度、承認状況、コスト、品質、クレーム情報など様々な情報がリアルタイムに表示されます

ハイブリッドモデリング

  • ナチュラルシェイプ(ノンパラメトリック)
  • ファンクショナル・プラスチックパート
  • 類似形状検索
  • 3D-設計部品表
  • 属性データ連携

ライブ設計コラボレーション

  • 遠隔地からオンラインで、リアルタイムにデザインレビューを行うことができます
  • 複数セッションの間でリアルタイムに形状変更を反映でき、CATIA 3Dエクスペリエンスを介して、コミュニケーションができます

リアリスティック・シェープ・デザイン

3Dデザイン・スケッチ、リアルタイム・レンダリング

  • 材料・光源等を考慮した写真画質のレンダリングがリアルタイムにできることで、製品の可視化が即時に行え、意思決定を支援します

ICEM ClassA サーフェス

  • 最高品質のクラスAサーフェスで、人間工学に基づいた、美しいサーフェスが表現できます

ナレッジ

ナレッジ・エキスパート

  • 法規制や社内設計基準のルールやチェックをナレッジとして3Dモデルに組込み、設計エラーを減らし、設計の質の向上が図れます
  • 計算式やリアクションをナレッジとして組み込み、設計を自動化し、設計の生産性向上が図れます

システムズ・エンジニアリング

アーキテクチャー・デザイン

  • 開発対象となる製品、ユニットに対し、論理モデルを定義し設計仕様、機能を満たすかシミュレーションします
  • 設計初期段階で、製品開発サイクル全体を通じての要件の確認が行えます

RFLP

  • RFLP(要件管理/機能設計/論理設計/物理設計)アプローチによって、設計初期の要件から、製品を市場に投入した後のサポートまで、トレーサビリティが確保されます
  • モデル化には、Modelica言語を用います

システムエンジニアリング

  • Dymola(Dynamic Modeling Laboratory)を用いてモデリングを行います
  • モデリングすることで、機械、電気、熱力学、水、空気、熱、制御システムなどの複雑な連携をシミュレーションできます

リアリスティック・シェープ・デザイン

ソーシャル・デザイン

  • 用途・目的に応じて利用できるダッシュボード(3D Dashboad)
  • コンテンツ(文書・画像・3D)の格納と安全な共有(3Dspace)
  • 情報をシェアできる電子コミュニティ・スペース(3DSwym)
  • データベース内のあらゆる属性を活用できる情報検索(6Wtags)
  • 海外のメンバーとの連携が行える環境

3Dエクスペリエンス、CATIAは、アメリカ合衆国、またはその他の国におけるダッソー・システムズ、または子会社の登録商標です。また、当ページの画像は、ダッソー・システムズ社殿よりご提供いただきました