CATIA V5

CATIA V5の機能紹介

CATIA V5の主要な機能を設計業務の側面からご説明いたします。必要とするCATIA V5のモジュールの詳細は、CATIA主要パッケージ一覧を参照ください

意匠検討

リアルタイムレンダリングクラスAサーフェスイマジン&シェイプ

主にデザイン設計段階で用いる機能です。自由で精度の高い面を表現でき、その面の精度をゼブラ画面で確認できます。さらにレンダリングよって、よりリアルに近い表現が可能です

自由曲面

サーフェスデザイン

CATIAの得意とするサーフェス機能です。NURBS機能を用い、精度が高く、しかもレスポンス良く面を扱えます。さらに、オフセット等、面を扱う機能も豊富で、意匠から受けた面を確実に設計します

構想設計

レイアウト設計

製品全体の配置設計を行います。自動車関連では、パッケージング設計といわれる分野で、2Dと3Dの両面を活用しながら、適確に部品、ユニット部品を配置します。使い易さを追求した機能となっています

設計者解析

部品解析アセンブリー解析線形・非線形強度・熱・固有値

高度な解析は、SIMULIAにて、解析者に依頼しますが、設計者自身が、設計作業の中で、部品の強度や座屈等を確認する、インプロセスCAEの機能を提供します

大規模アセンブリー設計

複数専門設計領域の混在複雑形状,大規模部品

大規模なアセンブリー製品の定義をパフォーマンスにも配慮して行えます。部品点数が数百から千を超える物まで扱え、まさに、どのような製品でもリアルに表現できます

基本設計

部品設計アセンブリー設計ドラフティング(作図)マルチボディ

CATIA V5で設計作業を行う際の、基本的な機能です。3Dソリッドで部品設計を行うパート・デザイン機能から、これらの部品を組み立てるアセンブリー機能、そして、図面が必要であれば、3次元から、2次元に自動的に展開し、図面を作成することができます

自動設計・ナレッジ設計

ナレッジ・アドバイザー設計テンプレート設計・自動設計意図・品質の埋込

流用設計等で元の部品の設定意図を保持しながら、さらに、法規制や社内設計基準等を守りながら、形状変更ができます。これが、テンプレートです

3D マスター

3D注記・図面レス

3次元モデル上に寸法は当然として、寸法公差から、幾何公差、さらに注記等も記入できるようにし、通常の図面に記載されている情報のほとんどが、3次元モデル上に記載できることで、3D衝を推進します

リバースエンジニアリング

点群処理3Dプリンター用データ作成

木型試作品等に対して3次元測定機で測定された点群データを取り込み、この点群から滑らかな面を生成します。また3Dプリンター用に精度の高いSTLデータを生成します

樹脂・鋳造品設計

ファンクショナル モールドパート

モールド系部品の成形特性を意識した部品設計が行なえる機能です。モールド部品は、モールド金型から抜けるよう抜き勾配がついており、この方向や勾配を意識して部品の形状定義が行えます

板金設計

シートメタル

板金系部品の3次元での定義が簡易に行え、さらに、実際に板からの切り出しのための展開図を自動的に作成できます。さらに、板金加工時に割れを防止するための切欠きの定義なども行えます

機構解析

キネマティクス

駆動する部品をアセンブリーする際に、その駆動特性:例えばスライドとかや、ジョイントのタイプ、回転ジョイントとかを定義し支点、力点当を示せば、駆動状況を確認することができます

溶接設計

ウェルド・デザイン

部品と部品を溶接によって接合する場合、その接合場所、溶接の厚さ等を定義することができる機能です。溶接で接合された部品は、溶接された事象を加味した上で、強度等の解析ができます

配線設計

ハーネス設計ネールボード

配線材の配線経路やクリップ止め等の位置を定義、設計できる機能です。配線は、経路によりまとめられたり、分けられたりし、これらを加工するための情報も提供されます

配管設計

チュービングパイピング

チューブやパイプの経路を設計します。熱等で、チューブやパイプの配置における制約がある場合には、その条件を設定すれば、その条件を加味して経路を設定します

複合材

コンポジットデザイン

複合材に対する形状定義を行い、その複合材の積層金型情報や加工データを作成することができます

金型設計

ツーリングデザイン

金型等をエンドミル等の加工機で加工する際の加工工具の切削プログラムを生成します。通常のCAM機能です

CATIAは、アメリカ合衆国、またはその他の国におけるダッソー・システムズまたは、その子会社の登録商標です。
また、当ページの画像は、ダッソー・システムズ社殿よりご提供いただきました