ENOVIAの目指すもの

Power of ZERO

失敗しない製品開発Target ZERO Product Failures
  • 1.顧客のニーズ、期待を満足して実現?
    顧客との共同作業で要求取り込み
  • 2.使用頻度少の機能へ投資?
    バリューを元に、要求に優先度をつける
  • 3.利用環境を意識したバーチャル開発?
    システムをモデル化レビュー、影響確認
  • 4.形状、取付等の代替比較が可能か?
    設計代替案検討(Form/Fit/Function)
  • 5.グローバル製品開発のバリエーション?
    グローバル・バリアンと定義3D Config.
  • 6.変更の顧客ニーズへの影響分析?
    仕様変更時の影響シミュレーション

要求管理、モデルベースド構成管理、トレーサビリティ

遅延を発生させないTarget ZERO Delays
  • 1.ポートフォリオ優先順位明確?
    プロジェクト成果物と要件の整合を取る
  • 2.プロジェクト管理と環境変更に時間が?
    文書を含めたタスク管理を促進する
  • 3.レビュー、情報収集、進捗確認に時間が?
    成果物の進捗によりプロジェクトを更新
  • 4.設計変更の日程、コストへの影響は?
    統合環境で、スケジュール、リソース変更
  • 5.開発作業時間の非付加価値時間?
    非付加価値作業の削減
  • 6.ボトルネックが発生その要員は?
    リアルタイムなリソース情報から計画配置

複数プロジェク管理とリソース配分、リソースと成果物の連動、付帯作業軽減

試作レスTarget ZERO Prototypes
  • 1.妥当性確認での不具合は?
    開発初期からバーチャルシミュレーション
  • 2.複数仕様を同時にバーチャル検証?
    設計レビューでコンフィグレーションDMU
  • 3.多様な市場条件のバーチャル検証?
    振舞い(behavior)のシミュレーション可能
  • 4.設計検証計画、結果収集に時間が?
    開発初期に全てのテストケース標準化
  • 5.バーチャルテストの可視化は?
    ファンクショナルモックアップで試作課題.
  • 6.最新の設計結果をバーチャル試作へ?
    全ての機能をオンラインコラボレーション

モデルベースのバーチャルシミュレーション、要求仕様と検証の連携、バーチャル試作

部品表のミスによる生産不具合をなくすTarget ZERO BOM Errors
  • 1.BOMとCADデータは常に同期?
    CADとBOMのミスマッチ解消
  • 2.仕向仕様、共通プラットフォーム同時設計?
    製品構成とプロセスの標準化から流用
  • 3.仕向仕様を考慮した製品開発管理?
    多様な市場ニーズを設計に取り込む
  • 4.顧客別構成を部品表で作成管理?
    オプション仕様も含み部品表を自動生成
  • 5.製造移管時に製造プロセスの反映?
    プロセス定義で、自動的にBOM再編成
  • 6.グローバル、多様な影響を考慮し変更?
    一元化された変更管理プロセスの確立

BOM管理、CAD-BOMデータドリブン連携構成管理、BOM自動生成・変更対応

手戻りをなくすTarget ZERO Rework
  • 1.製品不具合が発生した場合の解決策は?
    規制対応と不具合監視プロセスの連携
  • 2.文書管理は、法規制をサポート?
    ISO13485等規制対応一元的に集中管理
  • 3.製品の市場での問題解決に時間が?
    不具合報告、品質改善プロセスの確立
  • 4.規制当局の質問に自信を持って対応?
    開発プロセス全体へのトレーサビリティ
  • 5.部品調達で環境規制問題の発生?
    サプライヤー選定から評価を統合
  • 6.環境物質情報の収集確認が問題に?
    環境負荷物資の評価分析の仕組みの提供

コンプライアンス管理、トレーサビリティ 仕様/設計/検査/製造一連データ連携

セキュリティの事故をなくすTarget ZERO Exceptions
  • 1.不用意な情報交換やリスクあるIP交換?
    ファイルベースのデータ交換を回避
  • 2.情報共有に制限なく情報を守る?
    IP分類分けとセキュリティ要件の強化
  • 3.IPが漏れた時のリスク把握は?
    重要なIPのアクセスダウンロード履歴
  • 4.開発プロジェクトでの利用IPの把握は?
    様々なプロジェクトや顧客での利用IP管理
  • 5.利用者への影響、訓練や保護追尾管理?
    日々のIPルール設定とユーザー管理
  • 6.ステークホルダーに有益なデータ整理?
    役割と作業別にデータを整理

IP化の促進とセキュリティ機能強化、トラッキング方法の確立と運用

3Dエクスペリエンス、ENOVIAは、アメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズまたはその子会社の登録商標です。当ページの画像は、ダッソー・システムズ社殿よりご提供いただきました