エンジン・ダイナミックス・ライブラリの概要

  • エンジンダイナミックスライブラリーは、燃焼エンジンのモデリングとシミュ
    レーション、そして分析に利用されています。吸気/排気の流路、中間冷却機、
    ターボチャージャー、EGRループなど取り扱えることはさまざまです。
    圧力や空気と排気ガスの交換における熱力学的振る舞いは明確にモデリン
    グできます。ターボチャージャーや排気再循環の構成についても、構造を変
    えることのできるタービンの設計をしつつモデリングできます。エンジンダイ
    ナミックスライブラリーは、過渡期のエンジン応答やそれに関連した制御に
    ついてモデルを構築するのに適しています。

  • エンジンダイナミックスライブラリーの典型的な応用として、制御設計、過渡
    期のエンジン性能についての分析、過渡期のエミッションについての研究な
    どが挙げられます。このライブラリーは、ディーゼル後処理を含む完全なエン
    ジンシステムのモデル化と制御設計のために産業界で有効に活用されています。

エンジン・ダイナミックス・ライブラリのサンプル

  • 冷却排気ガス再循環を伴うターボチャージャー付きエンジンのModelica ダイアグラム。このモデルの振る舞いは、体積、ターボシス
    テムとフライホイールの慣性モーメント、そして、シリンダーブロックと部品の壁の熱容量によって決まります。

ソース:http://www.modelon.com

FMI TOOLBOX for MATLAB®/Simulink, FMI ADD-IN FOR EXCEL®および、上記のMODELICAライブラリーは、モデロン株式会社の製品です。
MODELICAライブラリーの紹介ページの画像は、モデロン株式会社殿よりご提供いただきました。