燃料電池ライブラリの概要

  • Modelicaの燃料電池ライブラリーは燃料電池のモデリング、シミュレーショ
    ン、解析、制御設計に利用されています。プロトン交換膜燃料電池(PEMFC)や
    固体酸化物形燃料電池(SOFC)のシステムの設計に優れています。
    研究やシステム設計に欠かすことのできないコンポーネントが含まれています。
  • このツールの柔軟性と拡張されたコード、そしてライブラリーに実装された
    複数の例があるので、広い範囲で利用し始めることができます。

燃料電池ライブラリのサンプル

  • 下図のサンプルでは、天然ガス、水、そして空気が燃料前処理系に供給されます。そこで各要素は混合され、予熱され、SOFCスタッ
    クに適した合成ガスに変えられます。この合成ガスは5 kW のSOFC スタックの陰極側に送られ、一方で、熱せられた空気が陽極側
    に送られます。ここでのスタックは50のセルを伴う3つの下位スタックを含んでいます。多くの水素ガスが発生するように各々の下
    位スタックの陰極チャネルで改質反応が起こります。水素と酸素は電池膜中で反応し電流が生じます。

ソース:https://www.modelon.com

       

FMI TOOLBOX for MATLAB®/Simulink, FMI ADD-IN FOR EXCEL®および、上記のMODELICAライブラリーは、モデロン株式会社の製品です。
MODELICAライブラリーの紹介ページの画像は、モデロン株式会社殿よりご提供いただきました。