Dymola

システム・アーキテクト System Architect(SAK)

開発対象システムのライフサイクル全体にわたって、システムが実現すべきミッションや提供すべ
きサービスを様々な視点から分析して、システムが満たすべきニーズや要件を理解します。それら
の要件を実現するのに必要となるシステム内部の機能・構造アーキテクチャを定義するとともに、
トレードオフ検討によって複数のアーキテクチャから適切なものを選定します

機能の特長

アーキテクチャの作成

3DEXPERIENCEプラットフォーム上で要求・機能・構造・物理アーキテクチャを記述することができます

パラメータの管理

システム要件で定義したパラメータを設計モデルに取り込んだり、検証時のKPIとして活用できます

トレードオフ検討

アーキテクチャに対して複数の派生を定義し、トレードオフ検討を支援します

ダッシュボードと文書化

ダッシュボード機能や文書生成機能により仕様書・報告書作成などを効率化し、開発中の意思決定やOEM-サプライヤ間の協業を支援します

オープン性

60以上の市販製品・形式に対するコネクタを提供し、開発成果物の間のトレーサビリティを提供します

システム・アーキテクトの強み

システム・アーキテクトは、こんな時に最適です

ツールはあるが、何をどうやって作ったらいいのだろうか?
方法論と一体となったモデリング機能がサポートします
大規模で複雑なシステムの関係をどうやって理解したらいいだろうか?
モデルの間の依存関係・変更の影響がわかります
多くの人が関わるモデルをどう保守・再利用したらいいだろうか?
ファイルではなく、オブジェクトレベルで管理するので、定義は1つです

CATIAおよびDymolaは、アメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズまたはその子会社の登録商標です。当ページの画像は、ダッソー・システムズ社殿よりご提供いただきました