SIMULIA

設計者・解析者を支援するCATIA V5アナリシス製品

CATIAアナリシス製品/SIMULIAエクステンド・アナリシス製品を利用することにより、CATIA V5の操作に慣れた設計者が、CATIAのユーザインターフェース上で、設計モデルを直接解析できるようになります。設計段階で事前に各種解析ができるようになることで、不具合発生可能性の事前検討、試作回数削減、開発期間の短縮といったCAEの効果を体感できるようになります

CATIAアナリシス製品/SIMULIAエクステンド・アナリシス製品機能群

デザイン・アナリシス・ソリューションのコアとなるGPSに、その他のCATIAアナリシス製品/SIMULIAエクステンド・アナリシス製品を組み合わせることで、解析機能をさらに拡張できます。

CATIAアナリシス製品

ジェネーレィブ・ストラクチャル・アナリシス(GPS)

単体部品用強度・剛性/固有値解析用モジュール

GPSは以下のアナリシス・モジュールの前提となり、単品での応力解析や固有値解析(周波数解析)が行えます。このGPSには、ソリッド(四面体)とサーフェス(三角形)の自動メッシュ機能や、各種境界条件の定義、ソルバーの実行、結果表示の機能が含まれています。

ジェネレーティブ・アセンブリ・ストラクチャル・アナリシス(GAS)

アセンブリ用強度・剛性/固有値解析モジュール

GPSをベースにアセンブリ解析が行えます。部品間を固定、接触、圧入、ボルト締め付け、スポット溶接、シーム溶接など様々なタイプで結合し、アセンブリ状態を模擬します

ジェネレーティブ・ダイナミック・レスポンス・アナリシス(GDY)

応答解析モジュール

調和応答解析や過渡応答解析が可能となります。力加振や加速度加振、減衰を定義することにより、任意の点の変位・速度・加速度・位相が評価できます

ELFINIストラクチャル・アナリシス(EST)

GPS機能拡張モジュール

GPS、GASをさらに拡張する機能が含まれています。解析タイプとしては、「熱変形解析」が可能となります。また、グループ化機能や、複数の解析ケースの管理、外部のテキスト・ファイルの入出力が可能になります

FEMソリッド(FMD)

ソリッドメッシャー専用のモジュール

FMSで作成した四角形Shellメッシュを「押し出し」、「スイープ」などで、六面体(Hexa)メッシュを作成することが可能です。また、テトラフィラー機能を使用して、外表面のメッシュを参照し、ソリッド内部に充填するようなメッシュを作成することも可能です

FEMサーフェス(FMS)

サーフェスメッシャー専用のモジュール

三角形や四角形Shellメッシュが作成できます。形状を修正することなく、サーフェス間の隙間や穴を無視してメッシュを作成することができ、ドメイン毎にマップドメッシュにしたり、マウスで接点を移動させて修正する事も可能です。作成したメッシュの品質チェックや,Bulkファイルへの出力も可能となります

SIMULIAエクステンド・アナリシス製品

サーマル・アナリシス(ATH)

熱解析モジュール

サーフェスへの熱伝導や、熱流束、温度荷重による定常・非定常温度分布を計算し、設計者が設計の熱挙動を理解できる製品です。熱材料特性には、温度依存性を定義できます。 アセンブリ解析では、パーツ間の接触面の熱伝導を指定できます

ノンリニア・ストラクチャル・アナリシス(ANL)

非線形解析モジュール

GPSの機能を拡張し、大変形、材料非線形といった非線形効果を含む高度な解析をする製品です。金属の塑性やゴムのような超弾性は、材料非線形としてモデル化できます。また、GASよりさらに高度な接触機能を提供し、接触サーフェスを自動検出します。ATHと併用することで、熱応力解析が実施できます

ルールベースド・メッシング(RBM)

高度なサーフェスメッシャーモジュール

詳細なメッシュ生成ルールを作成・保存しておくことで、より効率的に、より高品質なサーフェスメッシュの自動生成を可能にするサーフェスメッシャーです
異なる形状に対しても同じルールを適用することで、一貫性のとれたメッシュ生成が可能です。反対に、同じ形状に対して異なるルールを適用することで、解析の種類に応じた最適なメッシュ生成を効率的に行うことができます

SIMULIA、CATIAは、アメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズまたはその子会社の登録商標です
当ページの画像は、ダッソー・システムズ社殿よりご提供いただきました