Space-E の特長

金型設計のノウハウを集約

長年、日本の製造業の金型設計・製造分野で利用され金型設計・製造のノウハウを集約しました。さらに、プレス金型設計では、スプリングバックの外部シミュレーション結果を取り込み自動変形まで幅広い機能を提供します。

金型の加工オペレーションの
ノウハウも

開発元の長年のノウハウより、加工環境では各種パレットやテンプレートを活用し、切削時間を考慮した最適なツールパス等を生成する機能を組込むことも可能です。

フタバの
モールドベースを搭載

金型設計では、日本の金型部品では最も信頼されているフタバのモールドベースをほとんど搭載しており、金型設計、加工の生産性を高めます。

CATIA V5®アドオンシステム
も利用可

キャビ・コア設計機能や金型設計機能、CAM機能等をCATIA V5®にアドオンし、製品設計から金型設計までのトータルなPLMソリューションを提供します。

CATIA V5は、ダッソー・システムズ社の製品です

Space-E製品のラインナップ

Space-E/Modeler

先進のサーフェス曲面技術(NURBS)とソリッド・モデルを結合したハイブリッド・モデラーです。 3次元化したモデルから、簡単に2次元図面を作成することもでき、金型設計を支援する豊富な機能を持っています。

Space-E/Mold

インジェクション金型の成型品設計からCAMまでの各工程をトータルサポートするシステムです。 重量、重心、金型のたわみの計算や、干渉チェック等金型設計に必要な充分な機能を備えています。

Space-E/Press+

「Space-Eシリーズ」で培った技術を集約したプレス金型の“絞り”まで、3次元で実現するCAD/CAM/CAE一体型システムです。 成形品の裏表分割、ブランク展開、トリム展開、2個取りまでの板取から、工程レイアウトまで、一貫したシステムを提供します。

Space-E/
Global Deformation PLUS

CAEなどの外部プログラムによって求められたスプリングバックのシミュレーション結果をSTLファイルなどを通して、Modeler上に取り込み3Dモデルの自動変形を可能にします。シミュレーション結果の反対側への変形である、スプリングフォワード変形にも対応します。

Space-E/CAM

高能率な加工機能に加えて、簡易な操作で、経路作成の自動化を支援します。インテリジェントなCAD/CAMシステムです。

Space-E/5-Axis

3軸から5軸変換では、豊富な工具軸制御モードをサポートしており、加工精度の向上や効率的な加工を 行うことができます。また、ポスト出力、マシン・シミュレーションなど、NCデータ作成の支援機能も充実しています。

Space-E/CAM Hybrid2D

等高線加工機能、2次元加工機能(穴あけ加工、ワイヤ放電加工含む)、ポストプロセッサおよび経路エディタなどの多彩な機能で構成されます。

Space-Eは、株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズの製品です

当ホームページの画像は、株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ殿よりご提供いただきました。  

当該製品の詳細は、株式会社NTTデータエンジニアリングシステズのホームページをご参照ください。