CAE検討・導入支援の概要

当該支援は、2つのフェーズに分かれます。それぞれでのご提供も可能です。

CAE検討支援

検討対象となるCAEソフトの機能と、求められる解析の結果、精度が得られるかを、お客様のモデル、条件にて検証し、その結果をレポートいたします。

CAE導入計画の策定支援

CAEソフトを導入する際のソルバーを稼働させるコンピューターに求められる要件や、システム全体の構成(クライアント・サーバー構成)や、導入手順の確認から、導入後のデータ管理等の運用方法の検討まで、導入に関わる全ての対応をご支援します。さらに、実際の導入作業をご支援させていただくことも行います。

CAEソフト検討のキーポイント

1.CAEソフトにて解析する3次元モデルを作成する際に、その作成方法等への制約があるか?
2.メッシャーは、何を使うか?また、一般的な三角メッシュか?その他、どうするか?
3.当然、解析の機能として、その結果、精度は、重要です。
4.最近は、コンピューターの性能が上がっており、あまり気にする必要は、少なくなっていますが、パフォーマンス、解析時間。
5.解析条件や、解析結果のデータの管理は、どうなっているか?
等々

CAEソフト検討・導入プロセス

流れ

研修内容

CAEソフト
検討評価項目の理解
トライアル解析にて評価すべき項目を明確にします。前述のキーポイント参照も。
評価用モデルおよび
解析条件の選定
評価項目を適確にその結果から評価できると思われるモデルを選定ください
また、解析時間も評価の対象であるならば、モデル容量にバラツキがある複数モデルの選定も必要な場合があります。
トライアル解析の
実施
トライアルは、評価項目にもよりますが、お客様環境に近い環境がよいと思います。
トライアル解析の
結果報告書の提出と評価
初期に設定した評価項目に対して、客観的に評価し、この結果を判断します。
CAEソフト導入計画の
策定
トライアル解析で有用と判断されたならば、導入計画の策定に入ります。
導入作業の実施