CATIA研修支援の概要

CATIA研修支援には、下記の4つの支援がございます


  CATIA V5 スクール

CATIAの初心者の方々に集合研修にて、CATIA V5の基本的な機能を習得いただきます。

  CATIA 3DEXPERIENCE スクール

CATIA V5から3DEXPERIENCEへの移行を前提に、機能の相違点を中心にした基礎的な研修です

  CATIA 実践研修支援

CATIA をすでに設計業務にご利用されている方々に対して、アンケート調査等によって、さらに操作の生産性を向上させる可能性のある機能等を選んで、集中的に研修を行います

  CATIA 応用研修支援

CATIA の新しく追加された機能や、さらに高度な機能を習得することで、設計の質の向上を目指した研修をカスタマイズでご提供いたします

  スキル・マネージメント支援

設計者の CAD の機能に対するスキルは、製造業に取っては、貴重な資産と言っても過言ではありません。この設計者の CAD のスキルを評価し、戦略的にスキルの向上を図る検討を支援いたします。

研修を企画、計画する際の勘所

  1. 誰でも最初に研修を受けなければ CATIA を利用することはできないと思います。しかし、操作の研修だけではなく、しっかりと機能を理解し、なぜそのような機能が必要かを理解する必要もあると思います
  2. CATIA には多くの機能があります。CATIA の標準的なパッケージである HD2 を長年利用されている方にお聞きしたのですが、おそらく、全機能の 30%程度しか利用していないのではないか?とのことでした。つまり、あまり使わない機能は、研修を受けても、使おうと思った時に忘れてしまっていることが、あるものです。
  3. CATIA は、絶えず新しい機能が追加されます。また、CATIA には多くのモジュールがあり、これら新しい機能や、これまで使っていなかったモジュールを利用することで、設計業務の効率や質が大幅にアップすることもあります
  4. 学校での勉強は、小学校 1 年生、2 年生と、さらに小学校から中学校へと、段階的に知識を身に付けて行きます。CATIAも段階的に研修を計画することが、スキルアップの近道かもしれません

企業の研修は、段階的に、かつ計画的に、さらに技術上の戦略を持って企画し、計画し、実施されることが必要と思います