PDMシステム検討支援の概要

PDM(Product Data Management)システムを構築する際の最適な方法の検討を支援します。
また、PDMパッケージ・システムを選定する際の最適なパッケージの選定もご支援いたします。

PDMシステム構築方法について

PDMシステムを構築する場合の方法としては大きく次の3つの方法が考えられます。

自社の仕様に合わせ独自開発
安価もしくはフリーのPDMソフトを活用
PDMパッケージ・システムの導入

お客様においてこれらの手法のどれが最適であるかは、お客様のPDMシステムへのアプローチに対する考え方や、現在の設計・開発環境等によると思います。しかし、一般的に、かつ最近のPDMシステムへのアプローチの動向からPDMパッケージ・システムの導入が、機能の充実、コスト最小限化等から有効と思われます。なお、自社開発やフリーのPDMシステムの活用に対しましては、「PDMシステム構築支援」にて、対応させていただきます。

PDMパッケージ・システム選定のポイント

システム要件の概要の明確化

PDMパッケージ・システムの機能から要件を検討するということをお聞きすることがありますが、これでは、システムの選定はできません。

検討対象機能の絞り込み

一般的にPDMパッケージ・システムには多くの機能が含まれます。例えば、設計部品表機能や、プロジェクト管理機能、プロセス管理機能などです。要件の概要が明確化でれているので、この要件から検討する機能を絞り込みます。

機能ばかりでなく、運用に関する検討:クラウド方式の検討

機能ばかりではなく、PDMシステムの運用についても検討を必要とします。パッケージ・システムの導入では、最低システム運用要員は必要ですが、クラウド方式の場合には、この運用要員が必要なく、システムを利用できるという利点もあります。

将来の拡張性や、総合的な評価

PDMパッケージ・システムを導入しますと、それなりに長い期間このシステムを活用することになると思います。よって、将来のシステムの拡張性は、ハードウエア技術の進歩への対応など開発会社自体の評価も必要になるかもしれません。